検討する段階から全体的な予算のアドバイスがもらえる

住宅の建築に必要な費用を計算したうえで土地を選べる

住宅を新築する際には、まずは住宅を建築するための土地を探す必要があります。より自分の理想に合ったマイホームを建てるために、土地探しは建築家と一緒に行うのがおすすめです。土地を検討する段階から建築家に全体的な予算のアドバイスを聞けるため、土地を購入した後に予算が足りなくなってしまう心配がありません。建築家は住宅のイメージを想像しているため、どの程度の費用がかかるのかわかっています。そのためどれくらいの予算をかけることができるのかを計算したうえで、土地を選べるのです。

また建築家の中には、土地ごとに図面を描いて見せてくれる人がいます。実現可能な間取りや広さをイメージして土地を選ぶことができるのです。

豊富な実績を持つ建築家は知識やノウハウを持っている

土地探しは不動産業者に完全に任せることができるのですが、不動産業者に土地探しを任せてしまうと、土地の周辺状況を自分で確認することができません。近隣住民の年齢層や家族構成、土地周辺の日当たりなど、実際に土地に足を運んでみなければわからない情報があるのです。

また豊富な実績を持つ建築家は、経験者にしかわからない知識や土地探しのノウハウを持っています。自分の理想に合った土地を見つけても、突然周辺のお店が閉店するなど将来的に不便になる可能性があるのです。その一方で、現段階では住みやすいと思えない土地でも、将来大きなショッピングセンターや商業施設などが建築されて住みやすいエリアへと変化する可能性が考えられます。このような長期的な視点で見る土地探しは、建築家と一緒でなければできません。